【2022年7-8月開催・出展料無料】作品集&原画展 Tokyo Artist Book Fair 2022

2021/09/07 by

東京のアートギャラリー・ピカレスクで開催される、オリジナル作品集&原画展「Tokyo Artist Book Fair 2022」への参加作家100名を募集します。

作家様へは「オリジナル作品集」に加え「”開けてはならない何か”を開けている人物」のハガキサイズの原画作品をご出品いただき、ピカレスクギャラリーにてそれらを展示販売いたします。

参加費は一切かかりません。ぜひご参加ください!

◆展示概要・募集要項

◆企画者の言葉

「清く 正しく 美しく」

学校の体育館に
そのような意図の文言が掲げられていた、
という人は多いのではないでしょうか?

どうしても、そんな風に見えない大人が
子どもたちへそうなるようにと厳しく指導する情景は
人類社会が真に望んだ未来と、
抗えなかった現在の間に生まれた摩擦のようで
思い出す度、胸がひりつく感覚に陥ります。

***

「すべてを贈られたもの」を意味する名を持つ
パンドラが箱を開いた物語の結末をご存知でしょうか。

箱から飛び出した数多の災厄。

中に残された希望が世界に出る前に
蓋を閉めてしまったことについては
賛否両論あるようです。

それでは、果たしてパンドラは、
「清く 正しく 美しく」無かったのでしょうか?

***

どれだけの犠牲を生んだとしても、
宇宙へ行くことを諦めず

雷が電気であるかを確認するために
凧を雷雲に挙げ続け

命がけでふぐを食べ、そして永眠する。

人類はもしかすると
「清く 正しく 美し」いかどうか分からない事物へ
恐ろしいほどの好奇心をもって臨んでしまう
そんな生き物なのかもしれません。

***

初めて訪れた、奇妙な部屋に置かれた謎の飲料を
ためらいもなく一気飲みする不思議の国のアリス。
一口飲んで辞めなかったということは、
その のど越しに、身体的な快楽があったのかもしれません。

それは、ふと手に取った本を開き
その中で繰り広がる世界に、
ページをめくるごとに激しく魅了されてゆく、
恍惚とした感覚に通ずるものがあるかもしれません。

***

未知に対する抗えない感情。
好奇心を満たすための日々。

本質的に「わたし」の人生に関与できない大人には渡さない、
わたしだけの「清さ 正しさ 美しさ」。

もしかすると、もう一度パンドラが箱を開けた時には
箱の中の希望が飛び出し、この世は希望に満ちたものと
なるかもしれません。

本を開く
画集をめくる
知らない何かと繋がる

今回のTokyo Artist Book Fair 2022では、そのような感覚をより一層
店頭・オンラインにて今回の企画公募展をご鑑賞下さる皆様へお楽しみいただけるよう
「オリジナル作品集」に加え「”開けてはならない何か”を開けている人物」の
ハガキサイズの原画作品も併せてご出品頂きたく思います。

それは例えば、
砂漠で冷蔵庫を開けている主婦の絵、
廃屋の牛乳瓶の中を覗き込んでいる赤ちゃんの絵、
寝ている竜の口を開いている老人の絵、
など、自由にご展開いただきたく思っております。

出展料無料、参加作家100名募集!
詳細は募集要項をご覧ください。

皆様からのご応募を、心から楽しみにお待ち申し上げます!

▷企画者・ピカレスクオーナー松岡詩美ついて知りたい方はこちら
▷ピカレスクの雰囲気を知りたい方はこちら:Facebook / Twitter / Instagram

.
.
◆「TABF 2022 / Tokyo Artist Book Fair 2022」開催概要
本展はオンライン・店頭の同時開催を予定しております。
開催時期の2022年7月~8月は確定ですが、社会情勢の影響を踏まえ初日・最終日・営業日時が変更となる可能性がございますこと、予めご了承ください。

会場:Picaresque Gallery(〒151-0053 東京都渋谷区代々木4-54-7 Googleマップ
企画:Picaresque Gallery

店頭会期:2022年7月5日(土)~ 8月29日(日)
オンライン会期:2022年7月2日(土)20:00~ 8月28日(日)24:00
※店頭は毎週水~金 11~16時、土日祝13~18時に営業予定

※本展はオンライン&店頭にて開催いたします※
社会的情勢によっては、オンラインのみの開催となりますこと、予めご了承ください
オンライン開催の場合、出展作品一覧ページ(参考)を作成の上、お客様へは通販のご案内をいたします。
店頭開催時の会場は、東京都渋谷区代々木4-54-7のPicaresque Gallery内です。▷アクセス方法

◆募集要項

・出展内容
[作品集]
-点数 2冊~10冊 / 種 ※上限3種
(例)
A.最小規模での参加作家
1種 ×2冊
合計 2冊
B.最大規模での参加作家
1種×10冊×3
合計 30冊

-価格 1,500円(税別)以上
サイズ 210×297mm以内(縦横問わず)、厚み20mm以内
※作品集単体で1,500円以上の価格設定が難しい場合には、
作品集複数セットでのご出展、または作品集とポストカード(ノベルティ)セットでのご出展により、1,500円以上の価格設定でご出展いただくことが可能です。

[ハガキサイズ原画作品]
※作品集に含まれる作品の原画でなくて問題ございません。
点数 1点
価格 5,000円(税別)以上
サイズ(縦構図限定) H148 x W100 mm、厚み原則1mm以内(例外として最大2.5mmまで可能です。詳細はページ下部の白額説明をご確認お願いいたします。)

*デジタルデータ、写真、版画作品をご制作されている作家様へ
エディションナンバーをつけてのご出展をお願いします。
▷「エディションナンバー」とは

別名シリアルナンバーとも呼ばれますが、「上限部数を超えて印刷することは絶対ない」ということを示す記号です。通常、版画作品の画面左下に「19/200」というように記入されています。分母は上限部数、分子はそのうちのどの印刷物なのかを示します。ちなみに、分子=何番目に印刷した作品か、を示すものではありません。あくまでも、「ほんとに200枚だよ~」ってことを確認するために振ってある数字です。

引用元:▷印刷作品販売について(参考)
プリント作品を「アート作品」として販売する際に必要な情報が上記引用元へエッセイ風にまとめられてますので、よろしければご高覧ください。

以下参考画像のように額装の上、展示販売いたします。

額詳細はコチラ

※作品形態
-1点もの
作品の技法や素材は基本的に自由としますが、レディメイド作品のみ受付を控えさせていただきます(出展作品に作家様ご自身が何かしらの手を加えられた1点もの作品に仕上がっておりましたら、問題ございません)

-著作権と許諾申請
作品はコラージュや模写などを含む、第三者の著作権、肖像権を侵害しないものでお願いします。第三者の創造物を作品に使用する場合、必ず作家様ご自身で使用権などを取得した上でご出品ください。

-素材
「人体に悪影響を与える」「短期間での著しい劣化が想定できる」「法律上 使用が禁止、あるいは規制されている」以外の素材を自由にご選択ください。

・出品料
無料

・募集人数
100名

・募集期間
2021年9月1日- 2022年4月30日

・売上配分
60 : 40 = アーティスト : 運営
(振込手数料はアーティスト負担 ※振込先が新生銀行口座の場合、振込手数料負担は生じません)

・販売対応
[作品集]
各種につき残り1冊まではお客様の支払い完了後、随時発送いたします。
残り1冊分は先にお客様にお支払いいただき、会期終了後に発送いたします。(店頭鑑賞用のため)
また対応可能な作家様に限り、残り1冊が売約後、追加注文が入った場合、会期終了後に作家様に追加納品いただき、到着後に適宜発送いたします。
(例)10冊納品の場合
1. 9冊までは即売
2. 残り1冊は先にお客様へお支払いいただき、会期終了後に発送
3. 残り1冊が売約後、追加注文が入った場合、会期終了後に作家様に追加納品いただき、到着後に適宜発送
※3は対応可能な作家様に限る

[ハガキサイズ原画作品]
売約済みハガキサイズ原画作品は、会期終了後にお客様へ郵送、あるいは店頭受け渡しをいたします。

◆応募後のスケジュール

・参加確定
2022年4月30日迄

(お申し込みいただいた順に、参加確定の是非を4月30日迄に都度お伝えいたします)

・HP掲載用素材締め切り
2022年5月15日

展示会の作品一覧ページ掲載用の、出展作品全点の画像を、ご参加確定後に共有される指定キャプション情報と合わせお送りください。
作品画像は、下記参考ページの様式での掲載予定です
ボーイズラブライブ展 https://picaresquejpn.com/boyslove-live-ten-2020-all-works/
フキダシ展 https://picaresquejpn.com/fukidashi-online-ten-2020-all-works/

・作品搬入
2022年6月4日〜5日の間

展示作品をPicaresqueまで郵送にてご搬入ください。
直接搬入は受け付けておりませんので、ご注意ください。
作品の輸送費用はアーティストサイドにてご負担頂きますようお願い致します。
時間指定の必要はございません。

〈作品発送先〉
東京都渋谷区代々木4丁目54−7 Picaresque Gallery 宛

◆応募方法

応募はメールで受け付けさせて頂きます。
メールは以下のフォーマットに則り作成の上お申し込みください。
1週間以内を目途にお返事させていただきます。

===
〈メールフォーマット〉
宛先:picaresqueyoshihara*gmail.com ※*を@にお差し替えください
件名:【応募】企画展「TABF 2022」参加希望

本文:
1:氏名(本名)

2:作家名(読み)

3:連絡希望メールアドレス / 電話番号(緊急用、基本はメールでのやり取りをお願いします)

4:過去参加された展示を3つご提示ください(無い場合は記載不要)
-展示名
-展示情報が掲載されているサイト(SNS上の情報でも構いません)

5: 補足情報(無い場合は記載不要)
-作家ホームページ
-作家SNSアカウント

6:添付
過去作3点、出展希望の作品集の画像をそれぞれ添付してください。
尚、過去作品は作品集に掲載されていないものでも問題ございません。
ご応募頂いた作品画像につきましては今回の応募確認にのみ利用し転用は致しません。

===
皆さまからのご応募を、心より楽しみにお待ち申し上げます!

▽参考:みなさまの作品をお入れする白額

▽白額は、木枠とガラス2枚で構成されています。

皆さまからの作品は、Picaresqueで用意した額に額装させていただきます。
額装は、厚さ約1㎜のガラス2枚で作品を挟み、
上から白枠の中にスライドさせる仕様となっております。

額に個体差があり若干のばらつきはございますが、
原画サイズを100mm×148mmにした際に、
平均で内側2-3mm隠れるイメージになります。

額の上面には作品とガラスを固定するための金具が付いており、
金具を縦にすることで固定される仕組みです。

▽ガラス2枚(通常額装)の場合:1mmまでの厚さの作品が額装可能

作品保護の観点から、原則1mm以内とさせていただいておりますが、
1枚のガラスで作品前面のみをカバーの場合は、厚さ最大2.5㎜まで可能です。

▽ガラス1枚の場合:2.5mmまでの厚さの作品が額装可能

額のみの様子はこのようになっております。

実際の展示では、ダルマピンを用いて壁掛け展示をいたします。

▽展示イメージ図