Loiseau Luneエッセイ Vol.4「My Expressions 私の表現」

2019/09/04 by


2019年9月、ピカレスクでベルギー出身のアーティスト、ルワゾー・ルン(Loiseau Lune)の日本初個展を開催します(個展詳細は
こちら)。今回の個展では2018年から2019年に描かれた作品から35作品を展示いたします。これに先立ち、ルワゾー・ルンによる作品をこれから順にご紹介いたします。ぜひご高覧ください。

September 2019, Picaresque will host the first Japan exhibition of Loiseau Lune, a Belgium born artist.(Click here for details)This exhibition will display 35 drawings from 2018 to 2019. Leading up to the exhibition, we will introduce the works of Loiseau Lune in the upcoming articles. Here is the first.

===

<English follows Japanese>

「私の絵には日々の暮らしで感じたことや考えていたことがありのまま表現されている。それぞれの絵はその日の感情そのもの。例えば、昨年7月にヨーロッパを熱波が襲った。その日感じたことがこの中の2枚の絵に表現されている。私がもっと普通であったらと考えた日や、あと26日で彼女に会おうと決めた日など。」

“My drawings are simply the expressions of my daily life. Each draw carries emotions of the days I passed. For example, Europe had a heatwave in July last year. Experiencing the heat led me to create two draws in this group. Other days like when I tried to be normal like everybody else and when I decided to meet her after 26 days.”

1:Always water before midnight

“If refreshed by water before midnight, I grow more under the moonlight.”
「深夜前に水をください。すると月夜の明かりで私は育ちます。」

作品詳細 / Always water before midnight
https://picaresquejpn.com/work/loiseau-lune-work-0019/

 

2:Heartbeat

”Very warm days. My skin feels like growing plants.”
「暑い日が続く。私の肌から植物が育ちそうだ。」

作品詳細 / Heartbeat
https://picaresquejpn.com/work/loiseau-lune-work-0016/

3:Today I try to be like you


”Today, I tried to be NORMAL like everybody else. It was difficult…”
「今日は普通の人になれるかトライしてみたが、難しかった。」

作品詳細 / Today I try to be like you
https://picaresquejpn.com/work/loiseau-lune-work-0017/

4:26 days after midnight


“26 days before I meet you.”
「26日後、私はあなたに会う」

作品詳細 / 26 days after midnight
https://picaresquejpn.com/work/loiseau-lune-work-0018/

===

ルワゾー・ルンについてもっと知りたい方は、ぜひ下記リンク先をご高覧ください!
作家プロフィール https://picaresquejpn.com/artist/loiseau-lune/
作品一覧 https://picaresquejpn.com/work/?artist_id=7962
個展詳細 https://picaresquejpn.com/loiseau-lune-solo-exhibition-nature-wants-to-speak-2019/